kiwami.jpg
効果抜群のオールドドメインを根こそぎ取得するソフト、中古ドメインサルベージ極


2015年04月08日

Pandora2 メリット デメリット

Pandora2が販売になっていますね。

Pandora2にはいろんな機能・メリットがあるので
ここでオイラごときがなにか言うつもりもなく
動画付きで解説があるので販売ページを見てみてください。


Pandora2がよくわからないという人は
同じキャッチザウェブから販売されいるこのツールをみておいたらいいと思います。
キーワードスカウターS

Pandora2にはいろんな機能・メリットがある中で
個人的にすごくいいかも、と思う点があります。

それは広告主のPPC広告が丸裸にできることです。
(もちろんPPCアフィリエイターについても、なんですが)

広告主が、よくリスティング禁止!とか
商標名のドメイン、タイトル、hタグまわりでの使用禁止とか言うでしょう。

この場合、お悩みキーワードなどからアプローチしなけれなばらなくなるんだけど
これはかなり手探り的なところがありますよね。
想像はできるとしても、売りに直結するか否かは、よいキーワードなのかどうかは
ほんとうに判断つかないところがありますよね。

でも広告主が自社のブランドや商標名以外にどんなキーワードでPPC広告を展開しているか。
それがわかれば、比較的効率のよいサイトづくりが進められるのでは、ということです。

へぇ〜こんなキーワードで広告うっているんだ!
で、すぐにライバルサイトはどうなっているのか?
なんかもすぐにPandora2で調べることが可能。

これがスーパーアフィリエイターがSEO仕掛けているキーワードならば
そのキーワードについては市場(需要)が大きい、といえるかもしれません。

そんなこんなで、オイラはもうPandora2は買ってしまいましたw
(先行で2ヶ月無料w)


デメリットなんですが・・・特に無いかもw

あ、ひとつ。
キーワードスカウターSは気になるサイトなど見つけた時に
すぐにURLをぶち込んでドメインの強さや被リンクの数をMOZベースでチェックできましたが
Pandora2にはそのボタンがありません。

まあ両方持っているので、問題はないんですがw

Pandora2について思うところを書いてみました。

posted by オイラ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。レスポンシブWebデザインにも対応!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。